美味しく炊ける炊飯ジャーと今までの炊飯ジャーの違いは

美味しく炊けるように各社工夫した所は
内釜です。

ふっくら炊き上がる工夫
水分量の調節
長時間保温できる工夫

そのために内釜に力をいれ特徴を出しています。


<タイガー>
肉厚(7mm)で保温性の高い土鍋が蒸らし効果を高めます。
土鍋の特徴は従来の多層なべに比べ熱がゆっくり伝わります。

また沸騰時に細かい泡がたくさん発生し、お米を直接水蒸気で
加熱するので、一粒一粒に熱がしっかり伝わり、粒がふっくら
大きいご飯が炊き上がります。

「土鍋釜」は土鍋ご飯の美味しさを、火を使わないIH方式で
実現した画期的な炊飯ジャーです。



<東芝>
IHの強火をにがさず、最大限に伝える
世界初 鍜造ダイヤモンド銀釜
7mm釜底WAVE加工。きめ細かい対流で均一に加熱します。


<ナショナル>
ダイヤモンド微粒子を全面コーティング(今までの約40%増量)の旨火ダイヤモンド銅釜
大きな対流で釜の中心までしっかり加熱します。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。